30〜44歳対象 今こそ正社員 正社員就職応援プロジェクト 30〜44歳対象 今こそ正社員 正社員就職応援プロジェクト
閉じる

ご利用者の声

ミドルコーナーを利用して
就職・転職が決まった方から
喜びの声が届いています。

ご利用者の声

NEW しごとセンターは様々な利用方法があると思います

未経験の職種への転職希望であった為、不安な思いが強くありましたが、アドバイザーの方に就エクをすすめていただき適職探索コースに参加しました。転職という同じ状況にある方々との関わりは自分自身の振り返りも含めてとても為になり、不安が和らぎ前向きに考えられるようになりました。アドバイザーの方も、書類の書き方すらままならなかった私に丁寧に教えてくださり、又、活動していくうえでアドバイスも頂き感謝しています。私は、未経験という立場だったので、経験よりも人間味で勝負しようと思い面接会を多く利用して、無事就職出来ました。しごとセンターは様々な利用方法があると思います。その中で自分に合う利用をし助けてもらいながら、自分がピンとくる就職先に出会ってください!

NEW アドバイザー丁寧にカウンセリングを行って下さいました。

年齢が50代目前ということもあり、転職活動への不安、迷いがありました。しかし、初回のセンターへの登録の際のカウンセリングで、アドバイザーが非常に丁寧に時間をかけてカウンセリングを行って下さいました。そこで、今やらなければいけないこと、私自身の職業の志向を明確にすることができました。求人に応募する際には、アドバイザーが、志望動機や履歴書、職務経歴書について、私自身では気がつかない点を、速やかにアドバイスしてくださり、洗練された応募書類を提出することができました。おかげさまで、希望の仕事で内定をいただくことができました。求職活動支援セミナー①②③を受講し、求職活動の心構えができ、応募書類作成時の重点がつかめ、面接時のマナーを改めて確認することができました。同じように就職活動をされている方が多数参加されているので刺激にもなり、有益な内容のセミナーでした。以上のようなセンターを通じてのサポートがあったことが、今回の内定をいただくという結果につながったと思います。

NEW 豊富なセミナーや模擬面接で「就活力」を強化できました。

一人で就職活動をし、希望が見えず苦しんでいる時、しごとセンターでお世話になりました。良かった点は、専任の担当者がいる安心感(苦しい時に一人じゃない)、同じ境遇の仲間と励ましあえる心強さ(短期集中講座など)、豊富なセミナーや模擬面接で「就活力」を強化できることです。少しずつ自分の気持ちが高まる中で、就活を"土足で企業を見て回れるチャンス"と捉え、面接では企業の役職者からお話を聞ける社会見学としても楽しむようにしました。結果的に離職から3ヵ月で再就職がきまりました。一人で就活をしていては、この期間で希望の職種・年収等の条件を満たす転職はできなかったと思います。転職で苦しんでいるのは自分一人ではありません!しごとセンターで活動している人はみんな「仲間」です。困難の先には希望の光が待っています。皆さんのご健闘をお祈りしています。

履歴書を書くのは30年ぶりでした。

大学を卒業して約30年勤めた会社が実質的に破綻状態になり退職しました。転職経験が無かったため、50才を過ぎて学生時代依頼の就職活動に戸惑いながら突然の求職生活スタートとなりました。履歴書を書くのは30年ぶり、職務経歴書にいたっては生まれて初めての作成でした。30年間のサラリーマン生活でやって来た仕事を思い出し、自分のキャリアがどんな業界、どんな職種で通用するのか、あれこれ悩みながら応募書類の雛形を完成させるだけで最初の2~3ヶ月はあっと言う間に過ぎてしまいました。いざ応募を開始すると、見聞きはしていましたが中高年の労働市場の厳しさは想像以上で、書類通過も厳しくてなかなか面接にも辿り着けません。とにかくまず100社応募しよう、それでダメならアルバイトや派遣で働く等、他の方法を考えようと決めました。途中で気持ちが折れそうな時もありましたが、定期的にアドバイザーと面談させて頂く事でリズムを崩さずに就職活動を続けることが出来ました。また、「継続は力なりだから。」「就職もある意味、縁だから。」「応募を続ける事で思わぬ出会いもあるから。」と繰り返し励ましていただきながら、退職から1年後84社目でご縁がありました。

希望職種で内定をいただくことができました!

就職活動を始めて早4ヵ月。希望職種で内定をいただくことができました!活動をしていく中での優先順位(就業時間、就業場所、希望職種、正社員等)を気にして求人検索をしていた時、色々うまくいかずに、「私を雇ってくれる企業はないのでは・・・」と思った事もありました。気分を変えてみるために、数日求人検索を止め、のんびりする時間をつくりました。ふと「優先順位を少し変えてみたらどうだろう」と思いつき、自分の中で譲れる事、譲れない事を考え、それに伴い検索する求人サイトをちょっと変えてみました。そのおかげで、見えていなかった求人に出会うことができ、応募から面接と、一週間程でとんとん拍子に進み、内定をいただくことができました。気分転換をしてみたり、求人検索の方法をちょっとだけ変えてみるのも、有効手段だと感じました。この4ヵ月、時には優しく、時には厳しく、いつも支えてくださった、アドバイサーさんに、本当に感謝でいっぱいです。皆さんも、頼もしいアドバイサーさんと二人三脚で、がんばってください!

Mさんさん(40代)

「とにかく、応募してみる」「疲れたら、休んでも大丈夫」

ミドルコーナーに足を運び、4ヶ月で内定のご連絡をいただきました。こちらでは、履歴書の書き方、面接の仕方、苦手なパソコンの講習など色々な事にチャレンジさせていただきました。その中でも一番大きかったのが担当アドバイザーさんとの面談でした。「とにかく、応募してみる」「疲れたら、休んでも大丈夫」そんな沢山の応援の言葉で、諦めず、内定を頂くことが出来ました。内定を頂いてからも、在職中の職場と内定を頂いた職場との交渉で不安な時、何かあったらご連絡下さいのお言葉に、落ち着くことが出来ました。何より、内定を頂いて担当アドバイザーさんに報告し、「おめでとうございます」と言われた時、周りに報告した中で一番嬉しかったです。最後に活動中のみなさま、諦めず頑張ってください。ただし、疲れたら一休みして下さいね。

就職に対する不安や悩みを相談することができました。

私がこのセンターを訪ねたのは、アルバイトを辞めて3カ月が過ぎようとしていた頃でした。6年間ただ漠然とアルバイトを続け、気が付いたら30代になり、このままでは駄目だと思っても具体的にどのような行動な起こせば良いかわからず、漠然とした不安を抱えて日々を過ごしていました。初めての面談の際、自分が抱えている就職に対する不安についてアドバイザーの方へ相談したところ、就職エクスプレスへの参加も勧められました。最初は初対面の人とセミナーを一緒に受けるのは不安でしたが一日、二日と受講する中で、自分の興味・価値観を再確認できたこと、就職に対する不安や悩みを、講師の方や受講した仲間と相談することができ、大変有意義な時間を過ごすことができました。就職エクスプレス を受講し、自分の興味がものづくりであることを再確認できた私は、職業訓練校にも参加することに決めました。職業訓練校で過ごした6か月という期間は短いものではありましたが、自身の成長が実感できる位有意義なものとなりました。そのかいもあって私は産業機械を製作する会社に内定を頂くことができました。ミドルコーナーのご支援に感謝いたします。そして、センターでこれから就職活動をされる方々の、就職活動が成功しますことを、心よりお祈り申し上げます。

Aさん(30代)

活動2ヶ月で正社員の内定を貰いました。

40代後半、転職回数4回、1年未満の退職回数3回、職歴の空白期間計3年間、職歴のほとんどが派遣社員。私はいわゆる「履歴書が汚い」人でした。そんな私でも、活動2ヶ月で正社員としての希望の業種、職種の内定を勝ち取る事が出来ました。決して楽ではありませんが、各種セミナーで学んだノウハウ、アドバイザーやジョブコーディネーターとの面談で得た情報などを総動員し応募書類や面接に活かす事で、不可能ではなくなると思います。
■過去の経歴で光るものが無ければ、入社後に出来る事を全力でアピール。過去を変えられないのはもう仕方ないので、であればマイナス面をかき消してしまうようなインパクトのある事を考え、そのアピールに専念しようと考えました。
■やる気が無くても行動する。活動がうまく行かず塞ぎ込んだ時期がありましたが、そんな時、ジョブコーディネーターから「合同企業説明会に参加しませんか」とお誘いを頂きました。正直気乗りしなかったのですが、せっかくの機会なので2社を訪問し、ありがたい事にどちらも次の面接へと進む事が出来ました。最終的にお断りしたのですがこれが自信となり、また、以前セミナーへ一緒に参加したメンバーと雑談や情報交換をした事で精神的にも満たされ、モチベーションを取り戻す事が出来ました。今回、思いがけず早期の就職決定となりましたが、しごとセンターの門戸を叩く前のテキトーな自分には到底成し得ない事であり、ひとえにアドバイザー、ジョブコーディネーター、各セミナー講師の方々、その他関わって下さった皆様のおかげと心から感謝しております。ミドルコーナーのカードはお守りとして大事に所持し、仕事を続けるか悩んだときに見てこの2ヶ月半を思い出したいと思います。

必ず誰にでも自分の強みはあります。

今回18年ぶりの就職活動でしたが、担当アドバイザーさんのサポートのおかげで、1か月弱で一般事務職の正社員で就職が決まりました。一番重要なのは、いかに【読んで】もらえる書類、【呼んで】もらえる書類を作るかだと思います。そして、履歴書の【自己PR】でどう自分を強くアピールするかです。自分では無いと思い込んでいる方が多いようですが、必ず誰にでも自分の強みはあります。今まで経験したエピソードで褒められたり、感謝されたりしたこと、「〇〇さんでよかった」「仕事を任せるとスムーズだ」「本当に助かるよ」「無遅刻無欠席」など。どういう所で、どういう言葉をかけられたか?思い出してみてください。自分では当たり前の事でも、人から見たら当たり前ではありません。自分にしか書けないエピソードが必ずあるのでそれを具体的に書いてください。私は自分のエピソードを担当アドバイザーさんに何度か相談&添削していただき、出来上がりました。その後、企業数社から面接時に「自己PRが読ませる内容だった」と言われました。自信をもって書く事の必要性・重要性を痛感しました。自己PRに謙虚さはいりません。ご自分のエピソード見つけてください。そこに早期就職へのカギがあります。

誰の立場でもなく私の立場に立ってアドバイスをくれました。

転職する理由は様々だと思います。私の場合、自分のキャリアの方向性は決まっていたのでどんな企業に就職するかが問題でした。しごとセンターのアドバイザーの方は、誰の立場でもなく私の立場に立ってアドバイスをくれました。応募や面接の際に不安になったり迷ったりしたときはそれがとても心強かったです。私はアドバイザーの方とお話して、納得のいく就職ができました。最終的には自分自身で決めることですが、些細な事でも自分以外の意見を客観的にまた自分の側に立って話してくれるアドバイザーの方はとても良いパートナーだと思いました。

アドバイザーにかけられた言葉に勇気をもらいました

『○○さんは絶対大丈夫だから自信を持って就職活動をされた方がいいですよ』担当アドバイザーよりかけられた言葉にどれだけ勇気をもらったことか。ハローワークは知っていても『東京しごとセンター』を知らない求職者の方は多いと思います。ひとりひとりに専任のアドバイザーが就いて頂き、求職に纏わる相談ができる他、応募書類の書き方、模擬面接、ワードやエクセルの講座、コミニケーション講座等、さまざまな勉強ができます。費用が掛からず求職活動、スキルアップができる素晴らしい機関です。

自分に正直に、納得のいく就職活動をしてください。

まず、私がお伝えしたいことは、「納得のいくチャレンジ」をしていただきたいということです。キャリアデザインセミナーでは、仕事の選び方、就職活動の心構えを学び、自己分析を徹底的に行ったことで、「この年齢では難しいだろう」「未経験だから応募しても無駄だろう」などの固定観念を取り除くことができました。このおかげで、未経験の職種や業界に積極的に応募することができました。しごとセンターの担当アドバイザーの方は、嫌な顔一つせずに後押ししてくださいました。そして、書類選考を通過するために、記載した方がよい経験、より良い表現方法への変更など、面接対策を含め、とても親身になって相談にのっていただきました。私は結果的に、同職種で未経験分野の求人で内定を得ました。とにかく結果が出るまで応募を続けることです。50社でダメなら100社、100社でダメなら150社など、果敢にチャレンジしてください。心が折れそうなときには、担当アドバイザーの方に相談してください。そして、自分に正直に、納得のいく就職活動をしてください。

合同面接会で応募した企業に就職が決まりました。

適職探索コース受講後、求職活動支援セミナー、合同面接会、フォローアップ講座、マッチング交流会に参加し、合同面接会で応募した企業に就職が決まりました。セミナーなどは、何かしら得ることが必ずあるので、時間が合うなら積極的に参加するべきだと思います。グループワークや面接のロールプレイができるものが特によかったです。グループワークのようなものは苦手意識があったのですが、楽しかったので自分でも驚きました。たくさんの人と交流することで、様々な考えを聞くことができ、自分の考えも言葉にして話すことで気づきがあったり、再確認できたり、整理できました。指摘してもらえることはもちろん、反対に褒めてもらえる部分もあって自信にもなりました。これまでの職歴や人生経験に無駄なことはないと思うので、自信に変えて活動できたらよいと思います。色々参加することで、自信になって積極的な活動にもつながると思います。ひとりで活動していたら経験できないことばかりだったので、就活エクスプレスを利用し、色々参加してよかったです。

自分を受け入れる相手は必ずどこかにいる

前職において、過当競争になり、退職を余儀なくされたので、前職での経験を全否定して、キャリアチェンジを主眼として、就職活動を行いました。始めは応募書類が中々通過せず、合同説明会等に出席して、複数の企業よりスカウトを受けて、面接をしていただき、徐々に、目指す方向が見えてきました。未経験の業界においては、希望の待遇が得辛いことがわかり、やはり、経験を活かす方向の方がよいと思え、前職と異なる環境の職場をターゲットとして就職活動を行い、内定をいただくことができました。これまでの就職活動を振り返ってみて、「自分を受け入れる相手は必ずどこかにいる」という自信を持つことが大切だと感じました。書類による応募のみならず、合同説明会等でのスカウトによって面接していただいて、企業に自分のことを必要と思っていただいて、かつ、自分にとっても企業がふさわしいと思えるかを検討して、それが合致すれば良縁になるのではないかと感じました。先ずは、行動を起こして、お互いに良いと思えるかを検討できるような場を作っていくことが大切なように思えます。とかく、応募書類が通過せずに、辛い思いをしがちですが、色々な手段によって、企業の担当者とコンタクトできるような機会を持つことが大切と思います。

悔いの無い就職活動ができたのは東京しごとセンターのおかげ

東京しごとセンターに登録してから2か月、第一志望の企業より内定を頂きました。登録してからはアドバイザーの皆様やセミナーで出会った皆様からたくさんの励ましを頂き、徐々に自信や前向きな気持ちを取り戻すことができました。セミナーの受講も大いに効果がありました。「面接対応力アップ」で入室から退室までの模擬面接を何度も繰り返したおかげで、実際の面接でも落ち着いて振る舞うことができました。短期集中プログラムでは、応募の目標設定と状況共有を毎週行うことでモチベーションを保つことができました。一人ではあれだけのモチベーションを保ち続けられた気がしませんし、本当に助かりました。また、相互カウンセリングで選考での経験や心境を共有できたこともとても参考になりました。悔いの無い就職活動ができたのは東京しごとセンターのおかげです。

しごとセンターで自分軸がみつかりました

初めての転職活動。知らないことばかりで不安で一杯でしたが、その不安を解消する近道が「アドバイザーさんとの面談にてしっかりコミュニケーションをとること」「自分にとって必要なセミナーをすぐに受講し、学んだことを即実行」であることは間違いありません。準備をしっかりすること、そして自分の強みと弱みを客観的に捉えて言語化すること。当事者意識をもって転職活動を「仕事」「プロジェクト」として取り組むこと。書類選考が通ったり、面接が受かるようになってくると自ずと良い意味での「自信」が付いてきます。
是非「自分軸」をもって活動していきましょう。必ず良い結果があなたを待っています!!

しごとセンターは情報交換の場です

「職務経験のある営業職か総務人事職が希望」それが当初の私でした。
それがキャリアチェンジセミナー受講をアドバイザーから勧められ受講した結果、「介護」「障がい者支援」のキーワードが見つかりました。介護職の体験実習、合同企業説明会を経て面接。介護職への就職が決定しました。
セミナーが終わる夕方にセミナー仲間と喫茶店に行きながら情報交換をしました。
アドバイザー、ジョブコーディネーター、就活仲間との有意義な情報交換が就職決定要因となりました。
お付き合いいただいたすべての方々に感謝申し上げますとともに、就職を目指す皆様のご健闘をご祈念申し上げます。

キャリアチェンジセミナーで多くの気づきをえることができました!

ミドルコーナーを利用させていただき、2ヶ月で就職することができました。
6社の転職、前職も半年で退社、正社員として採用していただける企業様はないのではないかと不安ばかりの中、前職退社後すぐにこちらにお世話になりました。
キャリアチェンジセミナーに早速参加し、キャリアの見直し、自分の特性を再確認し、60歳以降の働き方も含め、多くの気づきを得ることができました。
担当のアドバイザー、ジョブコーディネーターから応募書類の書き方、企業のご紹介等、さまざまなアドバイスを頂き、不安ばかりの自分に希望が持てるようになりました。
合同企業説明会、職場体験会、面接対応セミナー、合同企業面接会に参加することで、数社面接をいただくことにもなりました。
多くのご支援から就職できたことに深く感謝しています。
就職活動、気がめいることも多々あると思いますが、アドバイザー、ジョブコーディネーターをはじめ多くの方からサポートをいただけます。積極的にイベントを活用すれば道は開けます。

Kさん(50代前半)
サービス業・管理職に内定

アドバイザーは親身になって話を聞いてくれます

就活をはじめてから約1年半後にようやく就職が決まりました。
キャリアチェンジをしたいけれど、どんな業種のどんな職種についたら良いのかが分からず、職業適性検査を受けたりもしましたが、ヤル気が出ず時間ばかりが過ぎていきました。
その間全く就活をしない時期もありました。そんな状態の私にもアドバイザーの方は親身になって話を聞いていただき、なんとか私の重い腰を上げさせよう、モチベーションを上げさせようとしてくれました。
アドバイザーの方の紹介でしごと塾にも通い、仲間ができ、就活状況を共有することで、ようやく自ら動けるようになり、正社員として働くことが決まりました。
就活中の方へ、悩んだり落ち込んだりしたら、アドバイザーの方に迷わず相談してみてください。見捨てずに答えていただけると思います。
暗闇を抜けたら、明るい未来があると信じて頑張ってください。

Kさん(30代前半)
学術研究、専門・技術サービス・営業事務に内定

経歴書をブラッシュアップすることで希望の求人の紹介が届くようになりました

転職サイトに登録を行い、いざ転職活動を始めても、届く紹介はタクシーと住宅関連が多く希望の転職は難しいのかとも考えておりました。
しごとセンターで職務経歴書など書類へのアドバイスをいただき自分の経歴の棚卸しを改めて行い、経歴書をブラッシュアップすることで希望の求人の紹介が届くようになりました。
人材会社が行っている転職フェアを積極的に活用することで企業の現場担当者、人事担当者と直接話をする機会をつくり、書類選考をスキップして面接にたどり着けることもありました。
まずは自分で転職先の希望条件を絞らず、多くの企業を受けることでチャンスを広げましょう。
採用をいただいても、希望条件にマッチしなければこちらから断ることもできます。
自分から積極的に行動することが重要です。自分を信じて就職活動を行ってください

Kさん(40代前半)
製造業・営業職に内定

面接前にアドバイザーの方にいただいた心得が励みになりました!

就職活動をするにあたり、インターネットで面接対策講座を検索していたところ、こちらの東京しごとセンターを知りました。
国が運営するハローワークでもなく、利益がからむ民間の人材紹介会社でもない所に興味を持ち、足を運んだところ、アドバイザーの方がついて下さり、一緒に頑張ろうと励ましてくださいました。
友人や家族のサポートも大事でしたが、面接前にアドバイザーの方にいただいた心得も励みになりありがたかったです。
就職が決まった際には誰よりも喜んでくださいました。
実際の就業はこれからなので、不安はありますが、また何かあれば相談者がいるということは心強いです。
こちらで受けた面接対策セミナーも、大変参考になりました。

Sさん(30代後半)
製造業・貿易事務職に内定

希望していた業界に再就職できました!

前職での過酷な労働条件もたたり、身体を壊して自己都合退社したのが、46歳でした。
正直この年齢では希望するところに再就職するなんて、「厳しいに決まっている」と、腹を括っていました。
にもかかわらず、私は前職の勤労体系などに不満があったこともあり、次の再就職活動は自分が納得するところ、すなわち「行きたいところしか応募しない!」という、かなりわがまま、かつ無謀な姿勢を一貫しました。
案の定、目指していた出版関連の募集はほとんどなく、「応募したくても、応募したいところがない」という状況が続き、イライラしたり、腐ることもありました。
さらに、やっと応募したい会社の募集を見つけても、転職サイト上でのweb応募では、ほとんど書類通過することはありませんでした。
これはきっと年齢ではじかれているのではないか?と思い、その旨をアドバイザーに相談しました。
すると「直接応募」という方法が存在することを知り、アドバイザーの薦めで早速該当するセミナーを受講しました。
そこで得たノウハウを持って、直接応募を始めました。
まずは、「書類を読んでいただいて、私を知っていただく」ところを目標にしました。
その甲斐あってか、この度、念願の出版社に内定をいただくことができました。
思うように進まない再就職活動中は、やる気をなくしがちで、モチベーションを保つことがとても難しいです。
でも、そんな時こそ、何も進展がなくても、定期的に担当アドバイザーとお会いしてお話させていただくことが支えでした。
辛い時期も「一人じゃないんだ!」と思わせてくれたアドバイザーには感謝の気持ちでいっぱいです。

Kさん(40代後半)
出版業界に内定

チャンスは準備された心に舞い降りる

勤務しながらの求職活動はスローで、書類準備完了し応募し始めたのは登録の3か月目でした。
自己PRを書けなくて苦しんでいた時、書類選考通過したにも関わらず仕事を休めなくて面接を辞退して落ち込んでいた時、いつでも的確なアドバイスをしてくれる優しいアドバイザーが寄り添ってくれました。失敗と思えることも次回に活かして改善する、そんな試行錯誤の末、登録6か月目に幸運に内定を頂けました。(同じスキルなら若い人が選ばれるという現実を受け入れ、若い人がひるむような小規模なところ、地味に見える職種を選ぶのも作戦だと気づきました)
「職選びで一番大切なことは何か?捨てる条件は何か?」自問自答する半年でした。50代の再就職なんて無理だ という巷の噂は気にしないで下さい。

Oさん(50代前半)
不動産業・事務職に内定

就活エクスプレスお勧めです

半年前に退職し、就職活動をスタートさせましたが、お祈りの連続。
そんな中、担当アドバイザーの方より就エクのことを教えていただきました。
最初はあまり乗り気ではなく「人に頼ったら負け」と思っていましたが、行ってみると、志を同じとする人たちの話を聞いたり、アドバイスし合っているうちに、モチベーションがあがり、結果的に修了から1ヶ月以内に内定をいただくことができました。
1ヶ月前の自分のように就活に行き止まり、ふと足を止めてこれを眺めている人は就エクを受けてみることをおすすめします。
タダで自分に投資ができます。Good luck!

Kさん(30代前半)
出版業界・編集職に内定

希望していた事務の仕事に就くことができました

私は接客販売の仕事をしていましたが、テナントが閉鎖となり、急に転職活動をしなければいけなくなり、どうしたらいいのか不安に思っていました。
アドバイザーに今の状況を話して、重いものが持てない、立ち仕事は無理、店舗の売上管理やシフト作成でパソコンは少し触った程度。
それでもできる事務の仕事はないですか、と無理をいったのに「大丈夫、大丈夫」といろいろと親身に相談にのってくださいました。
再就職にあたりセミナーを通じて、また面談や電話でアドバイスをいただき、いろいろな求人に応募した結果、自分にマッチすると思える会社に順調に決まりました。                                            
皆さんもアドバイザーにいろいろと言葉をいただけると思いますが、ホントに?と思わずに言われたままに行動してみることも希望への近道かもしれません。頼りになりますよ!

Nさん(40代前半)
教育、学習支援業・事務に内定

1ヶ月以内で次の仕事が決まりました

仕事をしながらの就活は思ったより大変で、履歴書や職歴もなかなかうまくいきませんでした。
アドバイザーに書き方や構成の見本をもらい、作成した書類になってからは書類選考も通過するようになり、面接が弱いことに気づいて、いろいろアドバイスをもらいました。
おかげで1ヶ月以内に次の仕事が決まり、本当に感謝しています。
大変だと思いますが、一人ではなくアドバイザーと二人三脚だと思って頑張ってください。

Mさん(30代後半)
建設業・経理事務に内定

セミナー仲間からの指摘が励みになりました

東京しごとセンターを利用したのは3次面接対策のためでした。
アドバイザーに面接に当たっての心構えから話し方など基礎の部分を教えていただき、頭を整理した状態で面接に取り組めました。
またセミナーに参加し面接シミュレーションを行い、仲間から厳しいアドバイスや言葉をいただいたテキストが一番の励みになりました。当日の面接でも指摘内容を意識しました。
面接のアドバイスとしては、自分に自身を持って面接に当たること、面接官との会話を楽しむことが一番だと思います。

Hさん(30代後半)
金融・設備管理に内定

失敗しても諦めない

積極的に行動することがすごく大切だと思います。
就職セミナーに参加したり、アドバイザーからの相談を受けるなど緊張感を保つために平日の月曜日~金曜日までほぼ毎日面接を受けていました。
その中で失敗も沢山ありましたが、失敗の経験を生かして次の面接で活用しました。
失敗しても諦めないように心のコントロールすることがとても大事です。
諦めずに積極的に行動すれば必ず良い結果を結び付けるので、自分を信じて就職活動を行っていただきたいです。

Oさん(30代後半)
メーカー・生産管理に内定

一人で悩まないでよかった

 就活を始めた当初は、私の経歴には一貫性が無いため、ハローワークなどではこんな経歴であなたの年齢では正社員での再就職は難しいとかなり言われており、自分を採用してくれる会社なんて無い、と思い込んでいました。
また、応募をしても書類選考もまったく通過せず、半ば諦め気味だったのですが、私を担当してくださったアドバイザーの方やジョブコーディネーターの方をはじめとする東京しごとセンターの皆様のおかげで、書類選考も通過するようになり、面接にも呼んでいただける回数が増え、最終的にはいくつかの企業様から内定をいただくことができました。
 就活中は、先が見えず不安になったり、迷ったり、自信をなくしたりすることもあるかとは思いますが、そんなときは一人で悩まず、東京しごとセンターの方に相談をしたり、セミナー等に参加をして同じく仕事探しをされている方々と情報交換をするのも良いと思います。前向きに就活をすることで、必ず希望の企業様との縁を見つけることができると思いますから、どうか諦めずに頑張ってください。
 私を担当してくださったアドバイザーの方や、ジョブコーディネーターの方をはじめとする東京しごとセンターの皆様、就活の初期段階から書類作成や面接に関するアドバイス、また個人の相談にもきめ細かく対応してくださる個人面談などで就活をバックアップしてくださり、今まで本当にありがとうございました。

応募書類の重要性を痛感しました

就職活動中、アドバイザーからは、"志望動機が弱い"、"自己PR書の添付"を強く指摘されましたが、時間も取れず省みる事は出来ませんでした。但し、志望動機の弱さは、自分でも解っており、応募する会社に応じた内容に少しずつですが変えて行きました。また、自己PR書ですが"面倒"、"どうせ見やしない"と、不採用の原因は年齢が殆どだと決め付けていました。
ネットで検索した同業者にダメもとで応募し、経験が認められ運良く面接のチャンスを得る事が出来ました。アドバイザーが何度も指摘した自己PR書を即席でA4 1枚に記載しました。私は覚悟を決め、会社を半休して臨みました。貴社に入社したら、自分はこうする、今までこういう経験が有る、自分はこういう人間だ、と一通り書き添え面接に臨みました。
先方は、"こいつ歳のワリには面白そうだし経験も豊富だ"と興味を持たれたのでしょうか?面接終了日翌々日に、二次面接の依頼が入りました。このチャンスは絶対逃さないと覚悟を決め、二次にも会社を半休し望んだところ入社を前向きに考えて欲しい旨を言われ、ここ数年味わった事の無い満足感を味わう事が出来ました。50歳を越えると、確かに厳しいです。私も45歳頃から探しておりました。殆ど通りませんでした。私は下手な鉄砲も・・・・でやりましたが、しごとセンター様のミドルの求人は予め年齢の高い人が応募してくる事を企業側も承知しているため、ネットよりはハードルが低いかと思います。皆様も、求人を吟味し、自己PR書を必ず添えて望んで下さい。

Aさん(50代前半)
印刷業・工程管理に内定

合同企業説明会で出会った企業に内定を頂きました

なかなか就職活動に集中できず、家で無駄に時間を過ごす事も少なからずありました。このままではダメだと思い、東京しごとセンターに登録し、応募書類作成セミナーや就職活動のポイントセミナー等を受講していきながら少しずつ活動に取り組む形を作っていきました。また、担当アドバイザーの方との面談を定期的に申し込みしました。
自分ひとりであれこれ悩んでばかりでは不安が増していくばかりなので、アドバイザーの方と定期的に話すことによって不安も解消されますし、各種セミナーや企業説明会の情報等も頂けますのでぜひ有効利用して頂ければと思います。
この度、おかげさまで担当アドバイザー経由の申し込みで参加した合同企業説明会で出会った企業様に内定を頂き、新たな職場で働けることになりました。決して私自身に特別なスキルがあったわけではありません。私が経験してきた事を評価して頂き、欲しいと言ってくれる会社に幸運にも早く出会えただけです。現在就職活動中の皆様の事を評価してくれる、必要としてくれる会社がきっとあります。

Kさん(30代前半)
メーカー・経理職に内定

「自分には特別なスキルがない」と思っていました

「自分には特別なスキルがない。面接の自己PRで何と言ったら良いのか分からない」、「志望動機なんて、家から近いとか残業が少ないとかそんなのばかり」...しごとセンターに来るまでの私は、こう思っていました。
ですが、親切なアドバイザーさんの助言を受け、「自分にもアピールできるものがある」「企業研究をすることで"その企業だからこそ書ける志望動機"が見えてくる」と気付きました。
今から就職活動をされる方々、どうか自信を持ってください。あなたを待っている企業が必ずあります。今までの人生で頑張ったこと、褒められたことを思い出してみてください。そこに自己PRの材料がきっとあります。企業を選ぶにあたり、「これは絶対譲れない」と言う条件を大事にしましょう。そして、一人で悩まず、ぜひアドバイザーさんやセミナーなどを頼りにしてみてください。私は、アドバイザーさんの助言やセミナーのお陰で、納得できる就職先を見つけることが出来ました。
ご健闘をお祈りしています!

Iさん(30代前半)
損保業・事務に内定

サポートが充実していて、かなり助かりました

離職期間7ヶ月半で、東京しごとセンターの案件で内定をいただき、入社が決まりました。
東京しごとセンターは、求人の紹介はもちろん、各種セミナーや担当アドバイザーによるサポートが充実しており、かなり助かりました。感謝しています。 
私の年齢・職務経験・希望職種から就職活動期間中、先が見えなく、不安などありました。しかし、無事にほぼ希望する会社に就職できたことを考えて、検証すると東京しごとセンターでの総合的なサポートが正しかったと思います。やはり、今までのノウハウがあり、プロの方々であるからだと思います。
東京しごとセンターの情報、アドバイス、そして自分をよく考え、就職活動に取り組めば結果は出てくると思います。

Sさん(40代前半)
造園業・総務経理職に内定

内定だけではなく自分にプラスになる経験ができた

計60社以上応募。とにかくあきらめないことが、面接対策や自分の気持ちの整理にもつながり、だんだん将来やりたいことが見えるようになりました。
キャリアデザインセミナーやアドバイザーとの面談を通じ、自分の気持ちを言葉にすることが、とても効果的だったと思うし、とても気持ち的にすくわれ本当に感謝しています。
みなさんも、「立ち止まったらそこで終わり」「つらくても笑顔」を忘れずに応募し続ければ、きっと内定だけではなく、自分にプラスとなる経験ができたと思えるようになると思います。

Kさん(30代後半)
メーカー・営業職に内定

「この年齢で再就職は無理だ」と諦めていました

「この年齢で再就職は無理だ」と諦めていましたが、失業給付金が終わる2か月前に東京しごとセンターに登録しました。 アドバイザーさんと相談しながら、派遣と並行して仕事を探して行こうと、派遣にも登録した後に面接が決まりました。
再就職に関しては、東京しごとセンターの面接のセミナーが大変役立ちました。これを受けていなかったら再就職できていなかったと思います。 なかなか書類が通らない時にアドバイザーさんに愚痴ったりして、心の支えになってくれました。 とにかく私は18年転職をしていなかったので、セミナーの先生、アドバイザーさんに言われたことは「やりたくない」「そんなの意味がない」と思っても、全部やってみました。 そのおかげで再就職できたと思っています。本当にありがとうございました!

Yさん(40代後半)
卸売業・事務職に内定

「次の面談までに、報告できるような活動をしよう」が原動力になりました

49歳、ブランク2年以上、異業種へのチャレンジ・・・これだけの悪条件にもかかわらず、この度転職することができました。
アドバイザーさんはじめ、しごとセンターの方々に感謝しています。
各種セミナーの受講、P-Jobや合同面接会などでの応募、専任アドバイザーとの相談でアドバイスをいただけたこと等、しごとセンターを利用して良かった点はたくさんあります。
その中でも、自分にとって大変良かったと思う点は、「アドバイザーとの面談を、転職活動のペースメーカーにすることができた」ということです。
「次の面談までに、アドバイザーに報告できるような活動をしよう」という思いが、苦しい転職活動を継続する上での大きな原動力になりました。
厳しい中高年の転職活動ですが、「苦しくても継続すれば結果は出る」ということを、今回痛感しました。
皆さんも、自分にとっての「継続できる原動力」を見つけて、頑張ってください。

さらに見る

ご登録に迷ったら
「説明&見学会」へ

「登録前にミドルコーナーのサービスについてもう少し知りたい!」という方向けに
説明&見学会を開催しています。
※ご登録にあたり、説明&見学会の参加は必須ではありません。

東京しごとセンター ミドルコーナー

東京都千代田区飯田橋3-10-3 東京しごとセンター 2F

TEL: 03-3234-1433

利用時間:平日9:00~20:00 土曜日9:00~17:00
※日曜・祝日・年末年始(12/29~1/3)はお休みです

東京しごとセンター:
http://www.tokyoshigoto.jp/

アクセス

飯田橋駅から
・JR中央線・総武線「東口」より徒歩7分
・都営地下鉄大江戸線・東京メトロ有楽町線・南北線「A2出口」より徒歩7分
・東京メトロ東西線「A5出口」より徒歩3分

水道橋駅から
・JR中央線・総武線「西口」より徒歩5分

九段下駅から
・東京メトロ東西線「7番出口」より徒歩8分
・東京メトロ半蔵門線・都営地下鉄新宿線「3番出口」より徒歩10分